メニュー
画像1 画像2 画像3

VOICE

お客様と現場をつなぎ
より良いサービスを実現させる
エンジンの窓口役

営業部

澁谷 雄介

画像2

ハウスメーカーなどをターゲットに
建設中の現場へ足を運ぶ

エンジンの創業から参画しています。前身となる会社に新卒一期生で入社し、同じく営業職として働いていました。元々は建設業に限らず営業職に興味があり、その中でも短期間で成長できそうなベンチャー企業で働いてみたい思いがありました。現在の業務は、営業担当の2人で大きな棲み分けはありませんが、もう一人の営業担当の森はどちらかというとマンション、私は戸建のハウスメーカーを営業ターゲットとしています。日々そうしたお客様へ向けて飛び込みで訪問したり、アポイントを取りに行っています。例えばお客様のところへ行く道すがらに飛び込み営業をすることも多いですね。案件を受注したら、納期や作業を開始するスケジュールの調整も行い、その後建設サービス管理課へ職人の手配をお願いします。一つの案件が無事完了した後は、入金確認・売上管理を行うまでが一連の流れです。

数字だけを追うのでなく
実現可能なアプローチを

数値的な売上目標は掲げていますが、職人さんありきですし、案件を数多く受ければいいということではないので、その数値を達成できるような営業の仕方ができればと思っています。どんな営業でもそうだと思いますが、建設中の現場に飛び込みで声をかけたりするので、メンタルの強さは必要かもしれないですね。でも僕自身は打たれ弱いですし、どちらかというと身体を動かす方が好きなので、売上管理などの事務作業は苦手です(笑)。建設業の営業を始めて13年ほどになりますが、何百年も続いている業界ですから、お客様や職人さんと接していると何年経っても新しく聞く用語が出てきたり、発見があって面白いなと感じます。未経験の人でも興味があれば飛び込んでほしいなと思います。

画像3

働いてみてよかったこと

お客様からの「ありがとう」が
次の頑張りの源に

現場で納期に間に合わないとか、職人が足りないといったときは困りますが、嬉しいのはお客様から「ありがとう」と言っていただけたときですね。お客様から「職人さんの印象が良かった」といったフィードバックを聞くと、職人さんのモチベーションにも繋がるので伝えてあげたいと思います。逆に職人さんからも「気持ち良く現場で仕事ができた」と聞くと嬉しいです。現場によって色々な業者さんが一緒に作業することもありますし、雰囲気も違うので、電話で状況をヒアリングしたときなどに「現場の雰囲気が良かった」とか、「作業しやすい環境だった」と言ってもらえると、「次も頑張ろう」と思えます。そのためには、事前にお客様との情報の共有や段取りの確認などが大切ですね。

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせフォーム